ハクリュウボーイ写真集

笠松競馬の誘導馬ハクリュウボーイの写真集※2013年6月ハクリュウボーイが長い旅へ出発しました。今後はエクスペルテとウイニーの写真を載せていきます。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP未分類 ≫ パクちゃん、本当にありがとう

パクちゃん、本当にありがとう

paku550.jpg

昨年の秋にこっそり応募していた雑誌「サライ」の写真コンテストの写真集部門で、「ハクリュウボーイ」で優秀賞をいただきました


今日、発売になった「サライ3月号」で発表になってました。ちなみにお題は「絆」でした。

P1010528.jpg

無印良品のアルバムに、昨年の前半に撮りためたパクちゃんの写真をペタペタ貼って、私の下手な文章を手書きで添えたようなお粗末な作品が賞をいただいてしまってよかったのかしら?(汗)
実は、2010年名古屋競馬フォトコンテスト入賞のお知らせと同時期に「サライ」から入賞のお知らせの電話がかかってきてました。「ふたつとも入賞するなんて信じられないなぁ~」と思ってて、今日、雑誌を見るまでは半信半疑に思ってる部分もあって(笑)つかさん以外の人には黙ってました。

素直にうれしいです。
私の写真がどうこうではなく、すべてパクちゃんとつかさんのおかげです。

パクちゃんと木曽川堤防の桜の下を散歩しに行った時。
つかさんに「馬のみ対象のフォトコンテストではなく、一般写真対象のにも挑戦してみたら?」と言われました。
その時は、「私の(安い)カメラとレンズでは無理ですよ~。」と答えたのですが。

この「サライ写真大賞」の募集要項を見た時に、つかさんとの会話を思い出しました。
選者がプロのカメラマンだったので、「桜とパクちゃんの写真を送ったら、興味を持ってもらえて、もしかしたらプロのカメラマンさんが笠松に写真を撮りにきれくれるかもしれない?」なんて淡い期待を持ち、送ってみようかな。と思いました。

パクちゃん、あなたの美しい馬体と澄んだ瞳のおかげで、2回(1回目は日高支庁・2009年馬フォトカレンダーコンテスト)もフォトコンテストで入賞することができました。
また、つかさんのひと言がなかったら、応募してなかったと思います。パクちゃんとつかさん、本当にありがとうございます。

ちなみに、雑誌では「ハクリュウボーイは岐阜県の笠松競馬場で誘導馬として働いている老馬。」と私が書いたことになってますが、私は「おじいちゃんのお馬さん」と書いたんだけどなぁ(笑)置き換えられてしまったのは、スペースの都合だよね
未分類 | Comments(6) | Trackbacks(-)

Comment

ピンガさん おめでとう!さすがです。

そして パクちゃんとつかさん。おめでとうございます。

以前ピンガさんから頂いた 応援馬と先生の写真を私のブログに 「絆」とタイトルを付け掲載させて貰いました。
勝手に感じたまま その言葉を使うのは良いのかなと少し考えたけどv-402
でも 今回も「絆」というタイトルだそうで。やっぱり人馬の様子が見事に映し出されているんだと思った~♪

これからも暖かい写真をいっぱい見せてね。
今年の桜の季節にも パクちゃんにモデルになって欲しいねv-410

おめでとう♪

2011.02.10Thu 17:30 ≫ 編集
おめでとうございます♪

これからも 写真をたくさん撮って
多くのコンテストに応募してくださいね^^

これからも 人の心を惹きつける写真を
いろんな形でご紹介ください。

楽しみにしてます^^

2011.02.10Thu 20:08 ≫ 編集
>hiroさんへ
お祝いのコメント、どうもありがとねv-22

応援馬と先生の「絆」の写真、覚えてるよ~
当時のあのふたりの間に入りこむ隙はなかったもんね(笑)なつかしいなぁ。

パクちゃんとつかさんの間の「絆」は、もちろんだけど、競馬場に来てる幼児~おじいちゃんまで幅広いお客さん達とパクちゃんの間の絆も見えれば・・・と思いつつ、写真をセレクトしました。

今年の桜の季節も、本当にパクちゃんとお散歩したいなぁ。hiroさんも一緒に写真撮りましょうよ。
2011.02.11Fri 16:48 ≫ 編集
つかさんへ
本当にいろいろどうもありがとうございましたv-266

パクちゃんの写真を撮り続けてきたことが、こういう機会にひとつの形として残せて幸運だったと思いました。
他の方の受賞作を鑑賞したり、選者の「総評」を読むことにより、また新たな勉強ができました。

笠松競馬場が存在する限り、細々と誘導馬と競走馬の写真を撮り続けるので、これからもよろしくお願いします。
2011.02.11Fri 16:55 ≫ 編集
おめでとうございます
こんばんは。

ピンガさん、パクじい、つかさん、笠松競馬に携わるすべての皆様、おめでとうございます。
競馬と直接関係のない雑誌で賞を頂けるなんて、それだけピンガさんの写真の「力」が大きいということですよ。
馬という生き物は、人間との「絆」を頼りに生きている…。そのことが審査員の方にとても伝わったのだと思います。
プロの方が、これから笠松競馬、そして競馬そのものに関心を寄せて下さるといいな、と私も思います。

これからも頑張って下さいね!
2011.02.15Tue 03:27 ≫ 編集
らすかるさんへ
コメントありがとうございますv-267

お馬さんは、与那国馬とか一部の野生で暮らしてる子達を除いては、人と関わらないでは生きていけませんよね。
そのことが必ずしも馬にとって「幸福」なのか?は疑問に思っている部分もあるのですが。

パクちゃんは何十万頭に1頭くらいの確率でしかつかめない「幸福」を掴んだお馬さんだと思います。
1日でも長く生きてて欲しい・・・

でも競馬場の「寿命」の方が心配な今日この頃ですが(汗)

もう少し暖かくなったら、パクちゃんに直接御礼を言いに行こうと思ってます。

2011.02.15Tue 15:03 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする